株式会社フェニックス(Kappa)とのオフィシャルトップサプライヤー契約が今シーズン限りで満了

コンサドーレは、株式会社フェニックス(Kappa)とのオフィシャルトップサプライヤー契約が今シーズン限りで満了することを発表した。

コンサドーレは、「Kappa」ブランドのユニフォームを2006年から15シーズンにわたり使用してきた。クラブとしては、Puma、Adidasに続く、3社目のユニフォームブランドであり、最も長く着用したブランドとなる。

株式会社フェニックスは、親会社の意向もあり、今年に入って日本での「Kappa」ブランドのビジネスライセンスを手放した。株式会社フェニックスは今後日本での「Kappa」ブランド商品を扱わなくなるため、「Kappa」のユニフォームをサプライされている北海道コンサドーレ札幌と、ジェフユナイテッド市原・千葉の動向が注目されていた。


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

「株式会社フェニックス(Kappa)とのオフィシャルトップサプライヤー契約が今シーズン限りで満了」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です