「北海道コンサドーレ札幌 赤い羽根サポーター宣言」~クルマをおくろうプロジェクト~のクラウドファンディングが開始

赤い羽根共同募金キャラクター 愛ちゃん(右)と希望くん(左)

北海道コンサドーレ札幌は、「北海道コンサドーレ札幌 赤い羽根サポーター宣言」~クルマをおくろうプロジェクト~のクラウドファンディングを始めることを発表した。

コンサドーレは、例年、「赤い羽根サポーター」として社会福祉法人北海道共同募金会が実施する赤い羽根共同募金会の募金活動に協力してきた。北海道コンサドーレ札幌選手会も、「赤い羽根サポーター宣言」を宣言して協力している。「赤い羽根サポーター」としての活動も、今年で12年目となる。

これらの活動を通じて集められた募金をもとに、毎年コンサドーレ特別塗装を施した福祉車両の寄付をおこなってきた。ところが、今年は新型コロナウイルス感染症の影響で、ホームスタジアムや道内各地で開催してきた募金活動が制限され、例年通りの募金活動ができないことになった。これをうけて、例年通りの募金額を達成するために、今回のクラウドファンディングを実施する運びとなった。

今回のクラウドファンディングは、find H(ファインド エイチ)のサービスを利用して行われる。find Hは、北海道新聞社が運営するオンラインの購入型クラウドファンディングサービスサイト。北海道を元気にしたい。北海道の隠れた魅力を広めたい。北海道に新しいことをプラスしたい。そうした熱意から生まれたプロジェクトと、その夢を応援したい人をつなぐ事を目的としている。

【『北海道コンサドーレ札幌 赤い羽根サポーター宣言』~クルマをおくろうプロジェクト~ クラウドファンディング】

  1. 募集開始:2020年10月1日(木)12:00
  2. 募集終了:2020年12月31日(木)23:59
  3. 返礼品:1,000円~30,000円の間で多数用意
  4. 目的:「北海道コンサドーレ札幌 赤い羽根サポーター宣言」~クルマをおくろうプロジェクト~への募金
  5. クラウドファンディングサイト(find H):北海道コンサドーレ札幌×赤い羽根共同募金 赤い羽根サポーター宣言

なお、「赤い羽根サポーター」の活動は、コンサドーレだけでなく、道内各クラブでも開催している。今回のクラウドファンディングに関しては、これらのクラブが合同で実施したようで、コンサドーレのみならず、北海道日本ハムファイターズ、レバンガ北海道、エスポラーダ北海道、ロコソラーレ、北海道銀行フォルテウスもそれぞれ実施している。各クラブによって、クラウドファンディング集まった支援金の目的が異なっている。

【各クラブ別支援サイト(すべてfind H 内)】

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です