中村桐耶選手のHonda FCへの育成型期限付き移籍が延長

コンサドーレは、6日、北海道コンサドーレ札幌の中村桐耶選手(DF)のHonda FCへ育成型期限付き移籍を延長することを発表した。契約期間は、2020年2月1日~2021年1月31日まで。

育成型期限付き移籍は2013年シーズンから始まった新しい移籍制度で、18~23歳までの選手が、所属チームより下位リーグに所属するチームへ移籍する場合に限り、移籍期限外での期限付き移籍が可能な制度。

氏名:中村桐耶(なかむらとうや)、生年月日:2000年7月23日、身長/体重:186cm/78kg、出身地:北海道勇払郡むかわ町。サッカー歴:鵡川Jr.FCーコンサドーレ札幌U-12ーASC北海道U-15ー北海道コンサドーレ札幌U-18ー北海道コンサドーレ札幌(2019-2019.7)ーHonda FC(2019.8-)。

発表された中村桐耶選手のコメント:

『新シーズンもチームを離れ、HondaFCの一員としてプレーすることになりました。昨年は、出場時間が短くあまり結果を出せませんでしたが、新シーズンは昨年以上に結果にこだわり、大きく成長できるよう頑張ってきます。』


SNS上の関連コメント

 

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です