小野伸二選手がFC琉球へ完全移籍

コンサドーレは、5日、北海道コンサドーレ札幌の小野伸二選手がFC琉球へ完全移籍することを発表した。

8/10に開催されるJ1第22節浦和レッズ(こちらは小野伸二選手の古巣)戦がコンサドーレでの最終試合となり、翌8/11にFC琉球に完全移籍する事も合わせて発表された。

小野 伸二(おの しんじ):身長/体重:175cm/74kg、生年月日:1979年9月27日、出身地:静岡県。サッカー歴:清水商業高校ー浦和レッズ(1998-2001)ーフェイエノールト(オランダ)(2001-2005)ー浦和レッズ(2006)ーVfM ボーフム(ドイツ)(2007-2009)ー清水エスパルス(2010)ーウェスタン・シドニー・ワンダラーズFC(オーストラリア)(2012-2013)ーコンサドーレ札幌/北海道コンサドーレ札幌(2014-2019.8)。代表歴:(1993年~)U‐16日本代表、U‐17日本代表、U‐18日本代表、U‐19日本代表、U‐20日本代表、U‐21日本代表、U‐23日本代表、(1998年~2008年)日本代表。

発表された小野伸二選手のコメント:

『5年間本当にお世話になりました。こんな自分を6シーズンも雇ってくれたクラブに感謝してます。ありがとうございます。最後の日まで全力でチームと浦和戦に向けていい準備をして行きたいと思います。』


SNS上の関連コメント

 

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

「小野伸二選手がFC琉球へ完全移籍」への10件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です