札幌ドームとしばしお別れ、ホヴァリングサッカーステージの天然芝の張替えへ

4/11に札幌ドームで開催されたJ1第7節湘南戦をもって、札幌ドームとしばしお別れ。

ホヴァリングサッカーステージの天然芝の張替え作業が行われるため、次に札幌ドームでホームゲームが開催されるのは、8/5に開催されるJ1第20節柏戦。約3ヶ月半、ドームでの試合はない。

芝の養生が必要なため、張替え作業は冬にはできず、シーズン中に実施される。今年はワールドカップの中断期間があるので、その期間も利用している。それでも、J1リーグのスケジュールにかぶっており、作業期間中に開催されるホームゲームは、全て厚別競技場で実施される。

札幌ドームの「今後の改修計画紹介」ページに書いてある説明によると、芝の張替え作業は、5月~7月の約3か月で実施する。張替えに使用される天然芝は、昨年より、サブグラウンドの天然芝グラウンドを用いて養生されており、そのため、昨シーズンはサブグラウンドの天然芝フィールドの使用が制限されていた。

関連外部サイト

「札幌ドームとしばしお別れ、ホヴァリングサッカーステージの天然芝の張替えへ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です