コンサドーレの支援活動

収録リスト

コンサドーレを金銭的に助ける支援活動について

北海道コンサドーレ札幌を金銭的に助ける支援活動にはいろんなものがあります。以下に、一覧にしてみました。純粋な募金活動の他に、持株会やスポンサーなども入っていますが、市民レベルで参加できるものとして含めてあります。

現在実施中の支援活動

各支援募金比較(発足日順)
名称 発足日 主催 目的 対象 金額
松山光プロジェクト 年月 北海道フットボールクラブ パーソナルスポンサーがリニューアルしたもの。コンサドーレを金銭的にサポート だれでも 一口1千円と1万円の2種類
サポートシップパートナー 年月 北海道フットボールクラブ サポートシップスポンサーがリニューアル。募金ではなく、北海道コンサドーレ札幌のスポンサーになる。スポンサー収入の増大が目的。 個人事業主など 一口5万円、10万円、20万円の3種類
サポーターズ持株会 96年4月 サポーターズ持株会 募金ではなく、北海道コンサドーレ札幌の運営会社である株式会社コンサドーレへの出資。資本金の増資が目的。コンサドーレ札幌市民持株会から名称変更 だれでも 一口5万円から

既に終了したの支援活動

各支援募金比較(発足日順)
名称 発足日 主催 目的 対象 金額
パーソナルスポンサー 年月 北海道フットボールクラブ 個人でコンサドーレ札幌のスポンサーになれる だれでも 一口1万円から
We are Consadole!!(カンバッジ)キャンペーン 97年12月 北海道フットボールクラブ クラブの運営資金と、コンサ支援気運の盛り上がり。 だれでも 一口500円から
コンサドーレ夢基金 97年12月 コンサを支援する人達が作った団体“コンサドーレ夢基金” 一定の期間ごとに集まったお金がHFCに寄付される。クラブの運営資金になる。 だれでも いくらからでも
サポートシップスポンサー 98年1月 北海道フットボールクラブ 募金ではなく、北海道フットボールクラブへのスポンサーになる。スポンサー収入の増大が目的。 個人事業主など 一口5万円から
コンサドーレ札幌支援募金 98年3月 北海道フットボールクラブ クラブの運営資金と、コンサ支援気運の盛り上がり だれでも いくらからでも
「コンサドーレ札幌」北海道後援会 98年8月 コンサを支援する人達が作った団体“「コンサドーレ札幌」後援会” 一定の期間ごとに集まったお金がHFCに寄付される。クラブの運営資金になる。 だれでも 一口5千円から
応援ステッカーキャンペーン 99年11月 北海道フットボールクラブ クラブの運営資金とコンサ支援気運の盛り上がり。We are Consadole(コンサドーレ札幌支援の輪)キャンペーンの第2弾 だれでも 一口500円から
ねっとぼ金 01年9月 北海道フットボールクラブ ネットからぼ金の申し込みができるシステム。 だれでも 500円以上いくらでも

全体の傾向と対策

大きく分けて、募金系が『カンバッジキャンペーン』『コンサドーレ夢基金』『コンサドーレ札幌支援募金』『「コンサドーレ札幌」北海道後援会』『応援ステッカーキャンペーン』『ねっとぼ金』で、経済活動系が『サポーターズ持株会』『サポートシップスポンサー』となります。

募金系の中で、純粋な募金なのが『コンサドーレ夢基金』『コンサドーレ札幌支援募金』『ねっとぼ金』です。『カンバッジキャンペーン』『「コンサドーレ札幌」北海道後援会』『応援ステッカーキャンペーン』も募金系ですが、活動にかかる経費が若干募金額から引かれます。『カンバッジキャンペーン』『応援ステッカーキャンペーン』はそれぞれグッズ代(カンバッジとシール)。『「コンサドーレ札幌」北海道後援会』は後援会の経費や会報誌、バッジなどです。

『カンバッジキャンペーン』『応援ステッカーキャンペーン』はそれぞれ用意したカンバッジや応援ステッカーがなくなると終了するとのことです。最近聞かなくなったので終了したと思われます。

経済活動系のなかでも『サポーターズ持株会』が出資を目的にしているのに対し、『サポートシップスポンサー』はスポンサードを目的としています。そのため、『サポーターズ持株会』の会員がいくら増えても資本金は増えますが、赤字の解消には繋がりません。これに対し『サポートシップスポンサー』が増えますと、コンサドーレの売上げ(収入)が増え赤字解消につながります。

『サポーターズ持株会』と『サポートシップスポンサー』は、ともに一口5万円と高いですが、『サポーターズ持株会』は何人かが集まってのグループ買いが可能です。『サポートシップスポンサー』は、対象が個人事業主などにかぎられており、個人が集まってのグループ買いなどは出来ません。

『コンサドーレ夢基金』『「コンサドーレ札幌」北海道後援会』『サポーターズ持株会』の三つは、HFCが行っているものではありません。それぞれ、市民団体の“コンサドーレ夢基金”、札幌市役所の“札幌市スポーツまちづくり推進室”が中心に設立準備を進めた“「コンサドーレ札幌」北海道後援会”、そして“サポーターズ持株会”が推進しています。これらのものに関してはHFCに問い合わせるよりも各団体に問い合わせた方がよいです。

さて、概略は以上のような感じなのですが、“それじゃあどれが一番にいいの?”といった疑問が浮かぶと思います。これに答えるのは非常に難しいです。各募金活動ごとに異なる目的や趣旨が設定されているほか、その時々でHFCが必要とする活動がかわったりするからです。今、どの活動に力を入れているのか?というのを知る一番の方法は、最近の出版物を見ることです。今年のイヤーブック、最新の月刊コンサドーレ、あるいはマッチデープログラム、ちらし。これらに募集案内が掲載されているものが、現在力を入れている活動ということになります。