【トップ】1998年J1参入決定戦試合結果

98Jリーグ(入れ換え戦)順位表

98シーズンが全て終了したので、J1参入決定戦の組み合わせが全て決まった。

magic98

15節終了時点で、コンサドーレ札幌の入れ換え戦参入が決定。また、入れ換え戦にJリーグから参入する4チームが全て決まった。市原、札幌、神戸、福岡の四チーム。

98シーズンが全て終了したので、J1参入決定戦の組み合わせが全て決まった。
98シーズンが全て終了したので、J1参入決定戦の組み合わせが全て決まった。

98シーズンが全て終了したので、J1参入決定戦の組み合わせが全て決まった。

  • ◎:入れ換え戦不参加が確定したチーム。
  • ▲:入れ換え戦参加が決まったチーム。

[入れ換え戦用順位ポイントの説明]
99年シーズンからJリーグはJ1、J2の二部制に移行する。トップリーグになるJ1は、16チームで構成されることになっている。残留するチームは、97、98シーズンの成績を基に算出した順位ポイントで決められる。
97年の1位を17点、17位を1点とし、昇格組のコンサドーレ札幌は18位の扱いで0点。98年は、順位ポイントが倍になり、1位を36点、18位を2点とする。二年間の順位ポイントを総計して、15位以下のチームは、JFLから出場が決まっている川崎フロンターレと共に、3つの席を争う入れ換え戦に望まなくてはならない。この表は、そのための残留決定戦にまわるチームを決める順位表である。
今シーズンの順位ポイントは、1stステージと2ndステージの勝ち点を合計して、高い順に、36点、34点、32点を与えられ、18位は2点が与えられるシステム。97年の順位ポイントは確定だが、98年(今シーズン)のポイントは、決定的なもの。最終的な98年の順位ポイントは、1stステージ、2ndステージの勝ち点を合計して決められる。
10/29の横浜M、横浜Fの合併を受けて、入れ換え戦の大会要項が少し変わった。従来は、14位以下のチームが参入戦にまわることになっていたのだが、15位以下のチームに変更になった。このため、13節磐田戦に敗退した時点で、入れ換え戦参加が決定したコンサドーレは、一度入れ換え戦出場決定を回避したが、15節で、他チームが勝ったため、札幌の入れ換え戦出場が決定した。

J1参入決定戦試合結果(1998)

コンサドーレ札幌の試合結果

. 試合結果
2回戦
第1戦
アウェイ
ヴィッセル神戸 2−1 コンサドーレ札幌

  • 日時:98.11.22(日)
  • 会場:神戸ユニバ記念競技場
  • 2回戦
    第2戦
    ホーム
    コンサドーレ札幌 0−2 ヴィッセル神戸

  • 日時:98.11.26(木)
  • 会場:室蘭入江競技場
  • 2回戦
    結果
    コンサドーレ札幌は、2連敗でJ1参入決定戦2回戦敗退が

    決ったので、第3J1参入チーム決定戦に回ることになりました。

    第3決定戦
    第1戦
    アウェイ
    アヴィスパ福岡 1−0 コンサドーレ札幌

  • 日時:98.12.2(水)
  • 会場:博多の森球技場
  • 第3決定戦
    第2戦
    ホーム
    コンサドーレ札幌 0−3 アヴィスパ福岡

  • 日時:98.12.5(土)
  • 会場:室蘭入江競技場
  • 第3決定戦
    結果
    コンサドーレ札幌は、2連敗でJ1残留ならず。

    来季はJ2での出直しとなります。