2020/21年競技規則の改正について

日本サッカー協会は、FIFAによる2020/2021年のサッカー競技規則改正について、その内容について発表した。

今回の競技規則改正は国際サッカー評議会(IFAB)の2020年4月7日付回状第18号にもとづくもの。

今回の改正では、ハンド、PK,VARなどに関しての競技規則の変更がある。

また、世界的な新型コロナウイルス感染症の影響をうけて、暫定的な競技規則 第3条の改正(試合時の最大交代要員数を3名から5名に増加)が説明されている。こちらは、2020年5月8日付回状第19号の「2019/20および2020/21 競技規則-第3条へ䛾暫定的改正」に基づくもの。

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です