Jリーグが2020シーズンの大会方式の変更を発表

Jリーグは、新型コロナウイルス感染症の影響に配慮して、2020シーズンの大会方式を変更することを発表した。

【特例ルール】

・J1リーグ:降格あり→降格なし
・J2リーグ:降格あり→降格なし、最大3クラブ昇格→2クラブ昇格(J1昇格プレーオフなし)

シーズン通して、日程面での不平等が起きる可能性があり、それに配慮した特例ルール。

主な変更点は、各リーグから下位リーグへの降格が行われない。今シーズンはJ2、J3から上位リーグへの昇格は行われ、それぞれ2クラブが昇格する(J3は条件を満たさない場合は昇格クラブ数に変動あり)。

来季は、J1、J2ともに2クラブ多くなることになるが、その分、来季は降格チームの数を増やすことで対応する。


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

「Jリーグが2020シーズンの大会方式の変更を発表」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です