ドーレくんとバードライフ・インターナショナル東京とが協働活動宣言に調印

北海道コンサドーレ札幌とバードライフ・インターナショナル東京は、2/11に千歳市にてドーレくんとバードライフ・インターナショナル東京とが協働活動宣言に調印したことを発表した。

調印の内容は、「自然資源の持続可能な使用に向けて協力しながら、鳥類とその生息地、世界の生物多様性の保全に努めるため、両者が協働して活動をすること」を宣言し、署名したもの。この調印は、2019年に「Jリーグ鳥の会」とバードライフ・インターナショナル東京の間で調印した宣言の一環として、「Jリーグ鳥の会」に所属するマスコットのドーレくんとが個別に結んだもの。

この調印に先立つ2/9には、高円宮妃久子殿下が北海道を訪問。ドーレくんと北海道の森を散策した他、北海道コンサドーレ札幌、秋元克広札幌市市長、中野祐介北海道副知事を始めとする地元関係者の方々を交えた意見交換が開かれた。

今後は、バードライフ東京、Jリーグ鳥の会、北海道コンサドーレ札幌や地元の方々がそれぞれ連携を深めながら、環境保全活動を促進していく事になっている。


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です