コンサドーレ札幌でも活躍した播戸竜二さんがJリーグ功労選手賞を受賞することに

Jリーグは、元Jリーグ選手の播戸竜二さんに対し、Jリーグ功労選手賞として表彰することを決定したことを発表した。

Jリーグ功労選手賞は、Jリーグおよび日本サッカーの発展のために貢献をしたと認められる者に与えられる賞。出場試合数に規定が有り、播戸竜二さんの対象試合の出場記録は以下の通り。

【出場試合数】

  • J1リーグ戦:325試合/87得点
  • J2リーグ戦:52試合/20得点
  • J3リーグ戦:19試合/2得点
  • リーグカップ戦:64試合/11得点
  • 天皇杯:41試合/12得点
  • その他Jリーグ公式戦:4試合/0得点
  • Jクラブ参加の国際大会:25試合/5得点
  • 日本代表(国際Aマッチ):7試合/2得点

(通算合計:537試合139得点)

播戸竜二さんは、2000年シーズン(J2)、2001年シーズン(J1)の2年間、コンサドーレ札幌に在籍した。コンサドーレ在籍者で同賞受賞者は中山雅史さん、大島秀夫さんについで三人目。

今年は、功労選手賞を8氏が受賞することに。播戸竜二さん以外は、小笠原満男さん、川口能活さん、中澤佑二さん、楢﨑正剛さん、巻誠一さん、森﨑和幸さん、アレックスさん。表彰式は、12月8日に開催される2019 Jリーグアウォーズにおいて行われる。

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

「コンサドーレ札幌でも活躍した播戸竜二さんがJリーグ功労選手賞を受賞することに」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です