北海道コンサドーレ札幌U-18が高円宮杯U-18サッカーリーグ2019プリンスリーグ北海道で優勝

9/22に行われた高円宮杯U-18サッカーリーグ2018プリンスリーグ北海道第13節に勝利した北海道コンサドーレ札幌U-18は、この大会での優勝を決めた。

札幌U-18はここまでリーグ1位。勝ち点差3で2位につける旭川実業との直接対決となった第13節。大会は14節までしかないため、この試合で勝利すれば大会優勝となる。

試合は、前半を0-0の無得点で折り返すも、後半に入って札幌U-18が先制、試合終盤に追加点を決めて2-0で勝利を決めた。

この結果、札幌U-18は、最終節を残して2019プリンスリーグ北海道で優勝。12月に行われるプレミア参入戦(プレミアリーグ プレーオフ)への出場する。今季のプレミア参入戦は北海道から2チームが参加できる。負けた2位旭川実業は、勝ち点でならばれた3位札幌第一と最終節で、参入戦の残り1枠を争う。


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

サイト内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です