北海道コンサドーレ札幌カーリングチームが男子カーリング世界選手権2019で4位

カナダで開催された男子カーリング世界選手権2019に、男子日本代表として出場している北海道コンサドーレ札幌カーリングチームが4位となった。

男子の部は、まず参加13カ国による総当たりの予選リーグが行われ、上位6カ国が決勝トーナメントに進出できる。日本代表として出場している北海道コンサドーレ札幌カーリングチームは大会初出場ながら、予選グループ12試合を9勝3敗の4位で通過、決勝トーナメントに進出した。

決勝トーナメント初戦は、予選リーグ5位のアメリカとのプレイオフ。予選では4-10で敗れていたコンサドーレだが、決勝トーナメントでは7-6で勝利、見事雪辱を果たした。

準決勝では、予選リーグ1位のスウェーデンと対戦。現在、世界No1の実力といってもいいスウェーデンチーム、予選リーグでは3-8で敗れていた。雪辱を狙うも力及ばず。2-8で敗退。

3位決定戦にまわったコンサドーレの対戦相手は予選リーグ2位のスイス。こちらも予選リーグでは5-6で敗れており、雪辱を狙う。第4エンドを3点のビッグエンドとし一旦はリードするも、第7エンドにスイスに4点のビッグエンドを決められ逆転される。第8、第9エンドに逆転を狙い難しいショットに果敢にチャレンジ、息を呑むショットとなるもわずかに決まらず、点差を広げられてしまう。最後は第9エンドをスチールされて、日本がコンシード。4-8で敗れた。

この結果、日本代表(北海道コンサドーレ札幌カーリングチーム)の大会成績は4位となった。優勝はスウェーデンが前評判どおりの実力を発揮して飾った。

また、大会オールスターチームにコンサドーレのセカンド谷田康真選手が選ばれた。大会オールスターチームは、リード、セカンド、サード、スキップのポジション別に計4名を選出、夢のベストチーム(オールスターチーム)を作るもの。谷田康真選手は、予選リーグでのショット成功率88%でポジション別1位を記録したことを評価されての選出となった。


【大会の様子】

全国区のNHKのサイト(SPORTS STORY)から。

地元NHK北海道のサイトから。


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

「北海道コンサドーレ札幌カーリングチームが男子カーリング世界選手権2019で4位」への10件のフィードバック

  1. NHKより

    カーリング男子世界選手権 終わりました【飯塚洋介】
    https://www.nhk.or.jp/sapporo/caster/y_iizuka/slug-n276445b7c7ca

    カーリング中継は4階の高さから【飯塚洋介】
    https://www.nhk.or.jp/sapporo/caster/y_iizuka/slug-n6f47695bdeb7

    カーリング実況席のヒミツ【飯塚洋介】
    https://www.nhk.or.jp/sapporo/caster/y_iizuka/slug-n9cd1b1616142

    コンサドーレ 世界へ カーリング男子世界選手権開幕!【飯塚洋介】
    https://www.nhk.or.jp/sapporo/caster/y_iizuka/slug-ne257d1c968fd

    カナダ的カーリングの楽しみ方【飯塚洋介】
    https://www.nhk.or.jp/sapporo/caster/y_iizuka/slug-n65f86e82a1dd

    コンサドーレ 世界へ カーリング男子世界選手権開幕!【飯塚洋介】
    https://www.nhk.or.jp/sapporo/caster/y_iizuka/slug-ne257d1c968fd

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です