筑波大学の高嶺朋樹選手が2020年シーズン新加入内定

コンサドーレは、筑波大学の高嶺朋樹選手が2020年シーズンに新加入内定したことを発表した。

高嶺朋樹選手は現在大学3年生(新4年生)なので、2020年度シーズンから加入する見込み。

氏名:高嶺朋樹(たかみねともき)、生年月日:1997年12月29日、身長/体重:177cm/74kg、出身地:北海道。サッカー歴:北海道コンサドーレ札幌U-12ー北海道コンサドーレ札幌U-15ー北海道コンサドーレ札幌U-18ー筑波大学。

発表された高嶺朋樹選手のコメント:

来季から北海道コンサドーレ札幌に加入することになりました筑波大学の高嶺朋樹です。
北海道コンサドーレ札幌という、歴史があり、私自身、下部組織に9年間所属し成長させて頂いた思い入れのある素晴らしいクラブでプロサッカー選手としてのキャリアを歩めることを嬉しく思います。
これまで応援、支援を頂いた家族をはじめ、指導者の方々、友人、関わってくださった全ての人に感謝しています。この感謝を胸にプロサッカー選手として夢や希望を与えられるようピッチ内外で日々精進していきます。1日でも早く北海道コンサドーレ札幌の力になり、「北海道とともに世界へ」を体現できる選手になれるよう頑張りますので応援よろしくお願いします。
最後になりますが、筑波大学蹴球部の方も応援していただけると幸いです。


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です