北海道コンサドーレ札幌バドミントンチームがチャレンジリーグ2018男子1部で優勝

北海道コンサドーレ札幌バドミントンチームが、2/22から開催されているバドミントンチャレンジリーグ2018男子1部で優勝した。

北海道コンサドーレ札幌バドミントンチームは、2017年に開催されたバドミントンチャレンジリーグ男子2部にて優勝し、今季は男子1部に昇格。さらに上のS/Jリーグ IIを目指して戦うことになる。

チャレンジリーグ2018男子1部には、12チームが参加。まず4つに別れてブロックリーグが行われ、その後順位決定戦が行われる。

北海道コンサドーレ札幌バドミントンチームは、2/22に行われたブロックリーグ(対 北都銀行、グッドウェーブ鹿児島、ジャトコ)を3戦全勝の1位で勝ち抜け、1位〜4位順位決定戦に進出。

翌2/23に行われた1位〜4位順位決定戦初戦のトヨタ自動車を下したコンサドーレバドミントンチームは、ウエンブレーとの1位決定戦に望んだ。この決定戦も勝利してチャレンジリーグ2018男子1部での優勝を決めた。

この結果、北海道コンサドーレ札幌バドミントンチームは、2/24に行われるS/Jリーグ IIとの入れ替え戦に望むことになった。


コンサドーレバドミントンチームの目標は、国内最高峰のS/Jリーグへの参加。バドミントンのリーグはS/Jリーグを頂点として、2部に当たるS/Jリーグ II(2018年度より日本リーグから改称)、3部に当たるチャレンジリーグ(チャレンジリーグ男子はさらに1部、2部にわかれている)が存在する。


SNS上の関連コメント

【1位〜4位順位決定戦】


【ブロックリーグ】


【大会に向けて】

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

「北海道コンサドーレ札幌バドミントンチームがチャレンジリーグ2018男子1部で優勝」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です