デザイナーの相澤陽介さんがコンサドーレクリエイティブディレクターに就任

コンサドーレは、デザイナーの相澤陽介さんがコンサドーレクリエイティブディレクターに就任したことを発表した。

2019シーズンのポスターをはじめ、アパレル関連のクラブオフィシャルグッズのデザインなどをお願いし、コンサドーレのブランディング力の向上をめざす。

相澤陽介さんはサッカー好きで知られ、コンサドーレの試合のあるスタジアムでお見かけすることも。

今回の起用は、純粋にコンサドーレのブランド力向上を目指していることもあるが、2019年度からJリーグがグッズ商品化に関して規制緩和を行うことも関係しているじゃないかと思われる。

従来、クラブグッズの商品化ではJリーグマーケティングが主に仕切っていたが、これが2019年度から各クラブで裁量できるように開放される。2019年度は、ハンカチ&バンダナ、タオル、キャップ、Tシャツ、メガホン、フラッグ、バッジ、ステッカー、キーホルダー、うちわの10カテゴリーの商品が、各クラブで自由に製造販売できるようになる。

このあたりの話は、2018年に発行されたJリーグのPUB Reportに記載されている。このレポートの72ページで説明されている。


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

「デザイナーの相澤陽介さんがコンサドーレクリエイティブディレクターに就任」への7件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です