北海道コンサドーレ札幌の沖縄キャンプ2019がスタート

タイキャンプから帰国後、しばしのオフをはさみ、2月1日、北海道コンサドーレ札幌が沖縄キャンプに出発した。この日は、朝早く札幌を出発。沖縄到着後は、夕方から早速練習を開始。キャンプ地は昨年と同じく金武町陸上競技場。

翌2日には、金武町による歓迎セレモニーが行われた。

コンサドーレは、今季、タイ、沖縄、熊本と三箇所でキャンプを行う。沖縄キャンプは2月中旬ごろまで。

例年、沖縄ではプレシーズンキャンプをJリーグの複数のチームが行っているが、今年は、沖縄サッカーキャンププロジェクト(沖縄でのサッカーキャンプを推進する活動)のサイトでガイドブックも作成され、公開されている。


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

「北海道コンサドーレ札幌の沖縄キャンプ2019がスタート」への6件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です