北海道コンドーレ札幌がハードロック・ジャパンとオフィシャルトップパートナー契約締結

コンサドーレは、北海道コンドーレ札幌がハードロック・ジャパンとオフィシャルトップパートナー契約を締結したことを発表した。

契約期間は、今季2018シーズン(2018年11月10日試合)から、2019シーズンいっぱい。オフィシャルトップパートナーは、コンサドーレのスポンサーとしては最上位。大口契約がまとまった格好。

ハードロック・ジャパンは、ハードロック・インターナショナル(本社:フロリダ州、オーランド、会長:ジム・アレン)の日本法人。ハードロック・インターナショナルは、世界中に多くのカフェ、ホテルを展開している企業。

スポンサー契約を記念して、「ハードロック 北海道ツアー プレゼントキャンペーン」がスタートしている。


発表されたアド・マチダ ハードロック・ジャパンCEOのコメント:

「ハードロック・インターナショナルがプロスポーツチームのトップパートナーになるのは今回が初めてとなります。このパートナーシップを通じて、北海道の皆様に寄り添い、北海道が家族向けエンターテインメントやホスピタリティを提供する世界レベルのリゾート地になることをサポートする、コミットメントとビジョンを示すものになると思います。」

発表されたハードロック・ジャパンのコメント:

ハードロック・ジャパンは、「ハードロック・エクスペリエンス」という構想とともに、ハードロックならではの“音楽をDNAに”、子どもからシニアまで幅広い世代が楽しめるリゾートの開発を目指しております。「ハードロック・エクスペリエンス」は、日本の現代の文化を尊重し、同時にハードロックが将来的に日本に提供できる音楽、スポーツ、ホスピタリティ、エンターテインメントへのビジョンを示すものとなります。これまでのホスピタリティ事業の運営を通じて培ってきた経験を活かし、日本の皆様にカフェやホテルだけでなく、音楽ライブイベントからスポーツイベントまで、幅広いエンターテインメント体験の提供を行ってまいります。ハードロック・ジャパンは、2018シーズンから、北海道コンサドーレ札幌のサポーターの皆様はじめ、関係者の方々と一緒にクラブを全力で応援してまいります。

発表された野々村芳和 株式会社コンサドーレ代表取締役社長CEOのコメント:

「この度は、このようなワールドワイドな企業が、新たなパートナーとして仲間に加わって頂けることは、非常に嬉しく思います。北海道コンサドーレ札幌を通じて、子供からシニアまで幅広い世代が楽しめる道内外での活動や、さらには、世界を目指しHard Rock様と一緒に活動をして行ければと思います。」


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です