北海道コンサドーレ札幌U-18がJユースカップ2018でベスト8

Jユースカップ2018に出場している北海道コンサドーレ札幌U-18は、準々決勝で敗退しベスト8の成績で大会を終えた。

今季のJユースカップは、全参加クラブによるトーナメント形式で行われている。

北海道コンサドーレ札幌U-18は、10/14に行われた一回戦で、エストレラ姫路FC U-18(日本クラブユースサッカー連盟(JCY)地域代表枠)と対戦、これに7-1で勝利。

10/21の二回戦、浦和レッズユース戦は2-1で勝利。

10/28の三回戦、V・ファーレン長崎U-18戦は1-0で勝利。

11/4に行われた準々決勝は、横浜F・マリノスユースとNACK5スタジアム大宮で対戦。試合は、マリノスユースの攻撃陣が爆発。前半は1失点に抑えるも、後半に入るとたて続けに失点し0-5に。その後、2点を返すも万事休す。試合は2-5で敗退となった。


SNS上の関連コメント

【11/4 準々決勝】

【10/28 3回戦】

【10/21 2回戦】

【10/14 1回戦】

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

「北海道コンサドーレ札幌U-18がJユースカップ2018でベスト8」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です