北海道コンサドーレ室蘭U-15とU-12が新たに発足

コンサドーレは、この春、新たに北海道コンサドーレ室蘭U-15とU-12を発足することを発表した。札幌、旭川、釧路に続く、道内四番目のユースの発足都市となる。

コンサドーレ室蘭は、コンサドーレ釧路と似たような形でチームが発足。既存の室蘭市をホームタウンとするサッカークラブ「ジェネラーレ室蘭スポーツクラブ」のユースチームをベースに名称替えにより立ち上げる。2019年4月より活動開始。

北海道コンサドーレ札幌は、「ジェネラーレ室蘭スポーツクラブ」の運営母体のNPO法人ジェネラーレ室蘭スポーツクラブとグラスルーツアライアンスを締結し(2018/10/14)、室蘭U-15とU-12の運営を業務委託する。

新チーム発足に向けてのセレクションは、11月頃に室蘭市内にて実施する予定。


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

「北海道コンサドーレ室蘭U-15とU-12が新たに発足」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です