北海道コンサドーレ札幌の公式サイトが常時SSL化

北海道コンサドーレ札幌の公式サイトを見ていて、サイトが常時SSL化されていることに気が付きました。

SSL(Secure Sockets Layer)は、ネット上での通信時のセキュリティ向上のための技術です。常時SSL対応されると、そのサイトのすべてのページの通信が、セキュリティ度が向上されたSSLで行われるようになります。またURLがhttp://から、https://に変わります。

コンサドーレの公式サイトも、www.consadole-sapporo.jpドメインのサイトのすべてのページが、以下のようにURLが変更になっています。

(旧)http://www.consadole-sapporo.jp/
(新)https://www.consadole-sapporo.jp/

また、ブラウザなどでの表示時に、SSL通信が行われている状況をあらわす鍵マークなどが表示されるようになります。

[Chromeブラウザ]

[Safariブラウザ]

常時SSL化するとURLが変わるわけですが、たいていはサイト側で自動転送設定してくれることが多く、コンサドーレの公式サイトでも自動で転送されるようになっています。なので、アクセスする人は特に気にすることなく、どちらのURLでアクセスしても問題ありません。

公式サイトでは特にアナウンスがされていないので、いつから変更されたかというと正式には不明ですが、コンサデコンサ内の公式サイトへのリンクURLをチェックすると、6/10〜6/12頃に切り替えられたようです。

最近の流れでは、常時SSL化が推奨されています。コンサデコンサも、今シーズン前のオフの時期に常時SSL化しました。

公式サイトのあちこちのページを確認したのですが、常時SSL化されたのは、メインのwww.consadole-sapporo.jpドメインのページだけのようです。ファンクラブ(CLUB CONSADOLE)のサイトは、club.consadole-sapporo.jpドメインで、まだ常時SSL化されていませんでした。また、コンサドーレ北海道スポーツクラブ(chsc.jp)もまだでした。

コンサデコンサ内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です