北海道コンサドーレ札幌が北方四島交流受入事業(青少年)の訪問団を受け入れ

北海道コンサドーレ札幌は、北方四島交流受入事業(青少年)で北海道を訪れる訪問団の受け入れを行うことを発表した。

訪問団滞在中の6/30(土)に、コンサドーレU-15の選手たちと一緒にサッカー教室、コンサドールズユースと一緒にダンス教室、ホテルヤマチでの昼食交流会、宮の沢白い恋人サッカー場での練習見学、白い恋人パークの工場見学などを行う。

関連外部サイト

「北海道コンサドーレ札幌が北方四島交流受入事業(青少年)の訪問団を受け入れ」への6件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です