北海道コンサドーレ札幌U-18が高円宮杯U-18サッカーリーグ2017プレミアリーグ参入戦で敗れる

高円宮杯U-18サッカーリーグ2017プレミアリーグ参入戦が、12/15と12/17に行われた。

高円宮杯U-18サッカーリーグ2017プリンスリーグ北海道で優勝し、この大会に進んだ北海道コンサドーレ札幌U-18は、来季のプレミアリーグ参入をめざし戦った。

参入戦は、各地域リーグからの代表16チームが参加して行われる。この16チームをA〜Dの四つのグループにわけ、トーナメントを実施。各グループの優勝者4チームが、来季のプレミアリーグ参入となる。

札幌U-18は、帝京長岡高校(北信越2/新潟)、名古屋グランパスU-18(東海1/愛知)、長崎総合科学大学附属高校(九州2/長崎)のBブロックとなった。12/15に初戦の相手、帝京長岡高校を延長戦ながら3-1で下し決勝戦へ駒を進めた。決勝の相手は、長崎総合科学大学附属高校を3-1で下した名古屋グランパスU-18。

12/17に行われた決勝戦は、全体に名古屋に押し込まれ、前後半にぞれぞれ1失点。この2点を返すことができず、そのまま試合終了。
残念ながら来季のプレミアリーグへの参入は適わなかった。


SNS上の関連コメント


関連外部サイト

サイト内関連記事

「北海道コンサドーレ札幌U-18が高円宮杯U-18サッカーリーグ2017プレミアリーグ参入戦で敗れる」への11件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です