サガン鳥栖より期限付き移籍していた菊地直哉選手が完全移籍加入

コンサドーレは、13日、16年シーズンからサガン鳥栖より北海道コンサドーレ札幌に期限付き移籍していた菊地直哉選手(MF)が、完全移籍加入することになったことを発表した。

菊地直哉(きくちなおや):181cm/74kg、生年月日:1984年11月24日、出身地:静岡県。サッカー歴:清水エスパルスジュニアユースー清水商高ージュビロ磐田(2003-2005)ーアルビレックス新潟(2005)ージュビロ磐田(2006-2007)ーFCカールツァイス イェーナ(ドイツ)(2007-2009)ー大分トリニータ(2009-2010)ーアルビレックス新潟(2011-2013)ーサガン鳥栖(2013-2016)ー北海道コンサドーレ札幌(2016.7-2017)。

発表された菊地選手のコメント:

『北海道コンサドーレ札幌に関わる全ての皆様、2018年より完全移籍でお世話になります。プレーヤーとしてのレベルを上げ、良いプレー披露したいと思いますので宜しくお願いします。』

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

「サガン鳥栖より期限付き移籍していた菊地直哉選手が完全移籍加入」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です