Jリーグが2018シーズンJリーグクラブライセンス判定結果を発表

Jリーグが2018シーズンJリーグクラブライセンス判定結果を発表した。今回発表されたのは、2018年シーズンのJ1、J2のクラブライセンス(J3に関しては別途発表)。

J1クラブライセンスが40クラブ、J2クラブライセンスが7クラブに交付された。北海道コンサドーレ札幌にはJ1クラブライセンスが交付された。

J1クラブライセンスは昨年と同じ40クラブ。J2クラブライセンスに関しては、昨年の5クラブから7クラブに増えた。

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です