北海道リラ・コンサドーレが第39回皇后杯予選(道新旗第37回全道女子サッカー選手権大会)準決勝で敗退

北海道リラ・コンサドーレが、女子サッカーのプロアマ混合のオープンカップ大会である皇后杯の予選(平成29年度 道新旗第37回全道女子サッカー選手権大会)に出場している。同大会では、道内の16チームがトーナメント形式で、皇后杯北海道代表の枠を争う。

リラの初戦は、9月16日(土)に北海道旭川南高等学校と対戦。この試合を10-0で勝利して、準々決勝に駒を進めた。

9月17日(日)の準々決勝では、クラブフィールズリンダと対戦。リラは、北海道女子サッカーリーグでは、歯が立たなかったが、この試合は奮戦。

この大会は、試合時間が70分、準決勝以降80分で行われる。延長戦は行わない。70分の試合が終了して0-0の同点でPK戦に。このPK戦を4-1で勝利したリラは、初の準決勝進出を決めた。

9月23日(土)に行われた準決勝の相手は、北海道大谷室蘭高等学校。北海道女子サッカーリーグ勢相手に連勝を狙うも叶わず。0-4で敗れてしまい、今大会の成績はベスト4となった。

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です