2017シーズンシートミニを発売

コンサドーレは、7/20よりシーズン後半の試合向けのシーズンチケットの発売を開始した。

昨年まではハーフシーズンシートと呼ばれていたチケット。今年は、シーズンシートミニに名称が変わり、試合数の異なる3種のシートを用意。

  • シーズンシートミニ7:8/9の横浜F・マリノス戦以降ホームゲーム7試合
  • シーズンシートミニ6:8/13のヴァンフォーレ甲府戦以降ホームゲーム6試合
  • シーズンシートミニ5:8/26のベガルタ仙台戦以降ホームゲーム5試合

なお、シーズンシートに含まれなかった第31節鹿島アントラーズ戦(会場・日時未定)のチケットはこのミニにも含まれていない。

席種は、ゴールドシート(ドームシーズン)、コンサドーレ劇場シート、赤黒センターシート、サポーターゾーンコーナー、赤黒サポーターゾーンバック、コンサドーレゴール裏ゾーン、学生・ゾーン共通まで全7席種。

販売期間は、7/20〜8/16(ミニ7、ミニ6は早めに終了)。販売箇所は、ホームゲーム開催時のスタジアムのクラブコンサドーレブース、シースペース、チケットポート札幌店、ほかに郵送でも受け付ける。販売終了日が券種によって異なるので注意のこと。

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

「2017シーズンシートミニを発売」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

以下の数式を計算して空欄に数字(0〜9)を入力して下さい。 *