山崎製パンがJリーグ10クラブと共同開発したランチパック10品を期間限定発売

山崎製パンは、Jリーグ10クラブと共同開発したランチパック10品を期間限定発売すること発表した。

今回の10クラブは、北海道コンサドーレ札幌、鹿島アントラーズ、浦和レッズ、FC東京、横浜F・マリノス、アルビレックス新潟、清水エスパルス、ガンバ大阪、セレッソ大阪、ヴィッセル神戸で、クラブカラーにちなんだ具材やホームタウンの食材などを使用したランチパックを共同開発。

北海道コンサドーレ札幌のランチパックは、クラブカラーの赤と黒をイメージした「ランチパック(イチゴジャム&ホイップとチョコ&ホイップ)」。このランチパックの販売地域は北海道。発売期間:2020年2月21日(金)〜4月30日(日)。

「デイリーヤマザキ」、「ヤマザキショップ」をはじめ、スーパー、コンビニエンスストア等 のヤマザキ製品取り扱い店で販売される。

関連外部サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です