機動戦士ガンダムとJリーグがコラボ、クラブカラーごとのガンプラが発売決定

バンダイとJリーグは、機動戦士ガンダムとJリーグがコラボして、クラブごとのオリジナルデザインのガンプラを発売することを発表した。

機動戦士ガンダム40周年のアニバーサリーイヤーに、Jリーグとタイアップ、それに合わせて様々な企画を実施する。

まず、2020年Jリーグ開幕に合わせてJリーグオリジナルカラーのガンプラが登場。FUJI XEROX CUP会場では、このガンプラに加え、JリーグVerハロプラ、マグカップ、ミニクッションやミニタオルが販売される。

また、2020年春にはJ1の20クラブ(2019年J1クラブ18チームと2020年J1昇格の2チーム)とのコラボカラーガンプラも発売される予定。北海道コンサドーレ札幌のガンプラは、赤黒カラーのダブルオーガンダム(1/144モデル)が発表されている。

また、各クラブのマスコットもガンダム仕様としてグッズ展開の予定。


SNS上の関連コメント

「機動戦士ガンダム40周年 Jリーグコラボレーション」PV

関連外部サイト

「機動戦士ガンダムとJリーグがコラボ、クラブカラーごとのガンプラが発売決定」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です