日本代表(北海道コンサドーレ札幌カーリングチーム)が2020年世界カーリング選手権最終予選で切符を逃す

日本代表としてフィンランドで開催された2020年世界カーリング選手権最終予選に出場していた北海道コンサドーレ札幌カーリングチームは、残念ながら世界大会への切符を逃した。

各大陸予選で出場権を逃した成績の良い国が8カ国参加して行われた2020年世界カーリング選手権最終予選。はじめに全8カ国でリーグ戦を行う。成績の良い3チームが、プレイオフに進出、成績を加味した変則トーナメントを行い、世界カーリング選手権に出場する2カ国を決定する。

日本代表は、予選リーグを5勝2敗の3位で通過。プレイオフでは、プレイオフ1戦目で中国に破れたロシアと対戦。最後の席を争ったが、常に先手をとられ続け、逆転をすることができず。7-8で敗退となり、世界大会への切符を逃した。

この結果、中国とロシアが世界カーリング選手権に進むことになった。


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です