【報告書】J.LEAGUE PUB Report 2019

Jリーグの情報冊子『J.LEAGUE PUB Report 2019』が発行されました。

J.LEAGUE PUB Reportは、Jリーグがオープンかつフェアな情報開示を目的として、2015年12月に創刊。PUBは、みんなが「参加して(Participate)、理解して(Understand)、共につくる(Build)」Jリーグというコンセプトを表しています。今号が6号目。

Jリーグニュースなどの広報誌に比べると、より詳しい情報や分析データが収録されているのが特徴。

今号の内容は「2019シーズン年間総括」がテーマ。全部で90ページ。J.LEAGUE libraryでオンライン公開されている。

J.LEAGUE libraryはJリーグの配布冊子をオンラインで配布するライブラリーで、2016年から運用開始。Jリーグの広報誌であるJリーグニュースは、2016年シーズンから従来のPDF形式のファイル配布に変わりこのJ.LEAGUE libraryで配布されています。

Jリーグ全体の話題がメインなので、コンサドーレのおおきな話題は特に出てきませんが、Jリーグの国際戦略のページ(p70)では、コンサドーレのチャナティップ選手とタイの話題が小さく紹介されています。

また、ファンづくりのページ(p58)の扉絵にコンサドーレのサポーターの写真が使われています。


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

「【報告書】J.LEAGUE PUB Report 2019」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です