北海道コンサドーレ札幌が2020年シーズンの新ユニフォームを発表

コンサドーレは、12/7、北海道コンサドーレ札幌の2020年シーズン向け新しいユニフォームを発表した。この日行われたシーズン最終節、札幌ドームで行われたサンクスセレモニーの際に紹介された。

ユニフォームサプライヤーは引きつつぎ「Kappa」。発表されたデザインはホームの1stユニで、2019年モデルから変わっている。

新シーズンのホームユニ(1stユニ)は、伝統の赤黒ストライプ。赤黒が太いストライプで、首まわりがVネック。パンツとソックスが黒なのは2018年と同じ。背中の背番号の下には北海道のシルエットをレイアウト。

なお、新シーズンのユニフォームの先行予約は、2019クラブコンサドーレ会員を対象に2020年1月11日から開始。一般販売は翌日の2020年1月12日から。先行予約期間がわずか一日しか無いので要注意。


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

「北海道コンサドーレ札幌が2020年シーズンの新ユニフォームを発表」への7件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です