北海道コンサドーレ札幌カーリングチームがCAMERON’S BREWING OAKVILLE FALL CLASSICでプレイオフ敗退

カナダに遠征中の北海道コンサドーレ札幌カーリングチームが、オークビルで開催された「CAMERON’S BREWING OAKVILLE FALL CLASSIC」男子の部に出場。決勝トーナメントにすすんだものの、プレイオフで敗退。ベスト12となった。

大会は、まず予選グループリーグを行う。決勝トーナメントは、成績の良い4チームが準々決勝からのシードとなる。続く成績の8チームがプレイオフを行い、、準々決勝に進む4チームを決める。

コンサドーレカーリングチームは、予選グループを3勝1敗で勝ち抜け、決勝トーナメントのプレイオフに進出。プレイオフの相手は、Chang-Min Kim(Uiseong, KOR)。試合は、最終エンドまでも連れたものの、最後のポイントを奪われ、3-4で敗退。

大会最終成績は、プレイオフで敗退(ベスト12)となった。

「CAMERON’S BREWING OAKVILLE FALL CLASSIC」はカーリングの国際大会で、ワールドカーリングツアー(WCT)に認定された大会の一つ。


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です