中原彰吾選手がベガルタ仙台へ完全移籍

コンサドーレは、25日、北海道コンサドーレ札幌の中原彰吾選手(MF)がベガルタ仙台に完全移籍することを発表した。

中原彰吾(なかはら しょうご)、生年月日:1994年5月19日、身長/体重:177cm/68kg、出身地:北海道札幌市。サッカー歴:コンサドーレ札幌ジュニアサッカースクール-コンサドーレ札幌ユース・U-12-コンサドーレ札幌ユース・U-15-コンサドーレ札幌U-18ーコンサドーレ札幌(13)ーKHONKAEN FC(13)ーコンサドーレ札幌/北海道コンサドーレ札幌(14-16)ーガンバ大阪・ガンバ大阪U23(17)ーV・ファーレン長崎(18)ー北海道コンサドーレ札幌(19)。

発表された中原彰吾選手のコメント:

『この度ベガルタ仙台に完全移籍することになりました。3シーズンぶりに札幌に戻ってきて半年で出て行くのは悔しい気持ちもありますが必要としてくれた場所で新たなチャレンジをすることを決めました。
これから札幌はどんどん成長していくチームだと思います。僕もその勢いに負けないよう頑張って行きたいと思いますのでこれからも応援してくれたら嬉しいです。
抜けた年もありますがスクールから合わせて約16年間ありがとうございました。』

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

「中原彰吾選手がベガルタ仙台へ完全移籍」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です