JリーグとKONAMIが共同開催する「eJリーグ ウイニングイレブン 2019シーズン」の各クラブの代表選手決定

JリーグとKONAMIが共同開催する「eJリーグ ウイニングイレブン 2019シーズン」の各クラブの代表選手が決定した。

北海道コンサドーレ札幌の代表選手は、U-18 上野雄大さん、U-15 冨山晴登さん、FULL 富士大翔さんの3名となった。

同大会は、大会エントリー時にJ1・J2の40クラブのうちから一つを選ぶ。選んだクラブのeJリーグ選手として大会を戦うことになる。

オンライン予選が5/13まで開催され、オンライン予選の成績上位者により、クラブ代表選考会が行われた。クラブ代表選考会は、6/2東京、6/9大阪で開催された。そして、そのクラブ代表選考会で、各クラブ代表チームのメンバー(「15歳以下(U-15)」「18歳以下(U-18)」「全年齢(FULL)」の年齢別3選手)が決定された。

本大会は7/14、7/15に行われ、各クラブ代表3名による団体戦でチャンピオンを決める。


SNS上の関連コメント

eJリーグウイニングイレブン 2019シーズン 代表選考会ダイジェスト

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

「JリーグとKONAMIが共同開催する「eJリーグ ウイニングイレブン 2019シーズン」の各クラブの代表選手決定」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です