クラブコンサドーレが自動継続におけるクレジットカード情報非保持化に対応

クラブコンサドーレが自動継続におけるクレジットカード情報非保持化に対応すること発表した。

これまでクラブコンサドーレのサイトでは、クラブコンサドーレ会員のクレジットカード情報を保存していたが、それをやめることになった。保存されていた情報は、2019年5月30日付で消去された。

改正「割賦販売法の一部を改正する法律」が2018年6月1日より施行され、クレジットカード番号等の管理などが厳しく求められるようになったことに対応したもの。クレジットカード情報は、今後、セキュリティ国際基準(PCI DSS)に準拠した決済代行会社に任せるようにするとのこと。

これをうけて、2020シーズンの自動継続を希望される方は、再度マイページ上よりクレジットカード情報を決済代行会社に登録する必要がある。

関連外部サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です