2019JリーグYBCルヴァンカップグループステージで1位となりプレーオフ進出が決定

北海道コンサドーレ札幌は、5/22に2019JリーグYBCルヴァンカップグループステージ最終節を迎えた。

グループAは4チーム全てにグループ2位以上が進出できるプレーオフへの可能性があった。横浜FMと並んで勝ち点1位のコンサドーレは、勝てばプレーオフ進出決定、引き分け以下だと他クラブの状況次第。

最終節、Shonan BMWスタジアム平塚に乗り込んだコンサドーレは湘南ベルマーレと対戦。試合は、前半39分にルーカスフェルナンデス選手が先制点を奪うと、後半3分に金子拓郎選手が追加点。しかしながら、後半26分、後半ロスタイムとゴールを決められ、逃げ切れず。2−2の引き分けとなった。

残りの試合は、試合前4位の長崎が横浜FMに勝利して2位に滑り込み。グループAは、1位札幌、2位長崎がプレーオフに進むことになった。

プレーオフは、グループDで2位のジュビロ磐田と、6/19(水)(ヤマハスタジアム)、6/26(水)(札幌厚別)のホームアンドアウェーで行われる。


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です