北海道コンサドーレ札幌U-12がJA全農杯チビリンピック小学生8人制サッカー全国決勝大会2019でベスト8

横浜で開催されているJA全農杯(チビリンピック2019)小学生8人制サッカー全国決勝大会(5/3−5/5)に出場している北海道コンサドーレ札幌U-12が、大会ベスト8になった。

全国各地区の代表16チームによって戦われた全国大会は、4チームづつ4つのグループリーグに分かれて戦い、各組2位までのチームが決勝トーナメントに進出する。

北海道コンサドーレ札幌U-12は、センアーノ神戸、大山田SSS、鹿島アントラーズつくばと同じグループCに入った。グループリーグは、5/3-5/4の二日間に渡って行われた。札幌U-12はここを2勝1分けとするも、得失点差によりグループ2位で突破。

決勝トーナメント1回戦(準々決勝)の対戦相手は、川崎フロンターレU-12。試合は雷のため、5/4から5/5に順延された。試合は、おしくも1-2で敗退。大会ベスト8の成績となった。


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です