Jリーグが2019年シーズンのルヴァンカップ プライムステージとJ1参入プレーオフ(決定戦)にビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)導入

Jリーグは、24日、2019年シーズンのルヴァンカップ プライムステージ13試合と、J1参入プレーオフ(決定戦)1試合にビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を導入することを発表した。

ルヴァンカップ プライムステージは決勝トーナメントの試合。J1参入プレーオフ(決定戦)は、最後の試合。

VARは、サッカーの審判の判断にビデオによるサポートを行うシステム。いくつかの国のプロリーグですでに導入されている他、2018ロシアワールドカップでも全試合に導入された。JリーグもVARの導入を以前から検討しており、そのための準備も行っている。今年は、いくつかの試合で試験的に先行導入する事になった模様。


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です