稲本潤一選手がSC相模原へ完全移籍

コンサドーレは、23日、稲本潤一選手がSC相模原へ完全移籍することを発表した。

稲本潤一選手は、2018年シーズン終了後、北海道コンサドーレ札幌を契約満了となり、移籍先を探していた。

稲本潤一(いなもとじゅんいち):身長/体重:181cm/77kg、生年月日:1979年9月18日、出身地:鹿児島県。サッカー歴:青英学園SC(大阪府)()ーガンバ大阪ジュニアユース()ーガンバ大阪ユース()ーガンバ大阪(1997-2001)ーアーセナル(イングランド)(2001)ーフラム(イングランド)(2002-2003)ーウェスト・ブロミッジ・アルビオン(イングランド)(2004)ーカーディフ・シティ(イングランド)(2004)ーウェスト・ブロミッジ・アルビオン(イングランド)(2005)ーガラタサライ(トルコ)(2006)ーアイントラハト・フランクフルト(ドイツ)(2007-2008)ースタッド・レンヌ(フランス)(2009)ー川崎フロンターレ(2010-2014)ー北海道コンサドーレ札幌(2015-2018)。代表歴:U-14日本代表、U-15日本代表、U-16日本代表、U-17日本代表、U-18日本代表、U-19日本代表、U-20日本代表、U-23日本代表、日本代表(2000-2010)。

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

「稲本潤一選手がSC相模原へ完全移籍」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です