「グラスルーツ・アライアンス」にもとづくNPO法人さっぽろAMスポーツクラブとの指導者相互交流事業終了

コンサドーレは、グラスルーツ・アライアンスに基づいてNPO法人さっぽろAMスポーツクラブと実施していた指導者相互交流事業の終了を発表した。

グラスルーツ・アライアンスは、「一般社団法人コンサドーレ北海道スポーツクラブ」と「NPO法人さっぽろAMスポーツクラブ」の間で、2015年2月に締結されたクラブ間提携。目指すものは、北海道全体のサッカーや各種スポーツの育成年代の競技力の向上や競技の普及。「NPO法人さっぽろAMスポーツクラブ」は、アンフィニMAKI. FCのユースサッカーを運営している法人。

この終了にて、北海道コンサドーレ札幌からアンフィニMAKI. FCに派遣されていた大野貴史コーチは、2019年からコンサドーレに戻る。また、アンフィニMAKI. FCからコンサドーレに派遣されていた津元靖史コーチは、アンフィニMAKI. FCに戻る。

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です