北海道コンサドーレ札幌2019年オフィシャルトップパートナーが決定

コンサドーレは、2019年シーズンのオフィシャルトップパートナーを発表した。昨シーズンと比べて多少の出入りがある。

【北海道コンサドーレ札幌 2019年オフィシャルトップパートナー各社】

  • 石屋製菓株式会社
  • あいプラングループ
  • ダイアモンドヘッド株式会社
  • トーホウリゾート株式会社
  • サッポロビール株式会社
  • ハードロック・ジャパン
  • 株式会社フェニックス

発表されたコメント:
石屋製菓株式会社 石水創 代表取締役社長

『1996年、私が中学3年生の時に初めて北海道にプロスポーツチームが出来ました。福島での歴史的な開幕戦は、吉原宏太選手がゴールを決めて4-1での勝利。今でも忘れられません。あの日から23年。地元にプロスポーツチームがある事は、とても幸せな事だと実感しています。良い時も悪い時もありますが、上手くいかなかった過程もあったからこそ、今ではこんなに沢山の仲間が出来たのでは、とさえ思います。ISHIYAは、これからもどんな時もコンサドーレを応援し続けます!』

あいプラングループ 新道喜信 代表

『素晴らしい活躍を見せてくれた昨シーズン。それでもあと一歩、あと1点というところでACL出場には届きませんでした。
2019シーズンは、もしものために開幕からしっかりと勝点を積み立てていきましょう。私たちあいプラングループは、2019年もオフィシャルトップパートナーとして、熱いサポーターの皆様と共に「LOVE&THANKS」の声援を送ります。』

ダイアモンドヘッド株式会 柴田幸一朗 代表取締役

『ダイアモンドヘッドは、2019年も引き続きオフィシャルトップパートナーとして、北海道コンサドーレ札幌を全力でサポートしてまいります。当社は、2018年12月に札幌オフィスを「さっぽろ創世スクエア」に移転したのを機に、「札幌本社」と名称を改め「東京本社」とのダブル本社化にし、今まで以上に地域に根ざした企業を目指し、北海道を元気にしていきたいと願っています。今シーズンもサポーターの皆さまと共に北海道コンサドーレ札幌に熱い声援を送り続けます!!』

トーホウリゾート株式会社 唐神昌子 代表取締役

『トーホウリゾートは2019年も、北海道コンサドーレ札幌とともに、北海道を笑顔にします。昨シーズンは、初のプロスポーツへのスポンサードということで、必死に応援し、サポートすることに終始いたしました。今シーズンは、北海道の観光産業とスポーツとの融合によって、さらに笑顔の輪を増やすことと、アジアをはじめとした、世界に向けて、北海道コンサドーレ札幌と北海道観光の魅力を発信し、笑顔の輪を広げることを目標に、ともに歩みます。新たな時代になっても、チーム、サポーターの皆様の笑顔を、さらに素敵な笑顔にしてまいります。』

サッポロビール株式会社 生方誠司 上席執行役員北海道本社代表

『おかげさまで「サッポロクラシック」は昨年、18年連続売上アップを達成しました。これもひとえにビヤガーデンやサッポロクラシックEZOCAコンサドーレ応援缶そして、平成30年北海道胆振地震への1本1円支援キャンぺーン等への
サポーターの皆様のお力添えのおかげです。本当にありがとうございます。これからも「ふるさと北海道のために何ができるだろう?」をスローガンに、サッポログループ一丸となり、サポーターの皆様と共に北海道コンサドーレ札幌を熱く、熱く応援して参ります。2019年共により素晴らしいシーズンにして、サッポロクラシックで乾杯しましょう!!』

ハードロック・ジャパン アド・マチダ 社長

『ハードロック・ジャパンは、北海道コンサドーレ札幌のオフィシャルトップパートナーとして、チームの2019年新シーズンますますの活躍を応援してまいります。また、ハードロックのロゴが加わったコンサドールズの新ユニフォームを試合会場でサポーターの皆様にお披露目し、ユニフォームを通して全試合全力でチームをサポートできることを大変楽しみにしております。』

株式会社フェニックス 任軼 代表取締役社長

『100年以上の歴史を誇るイタリア発のスポーツブランド「Kappa(カッパ)」は、今年も北海道コンサドーレ札幌のオフィシャルパートナーとして応援をしてまいります。躍進を続ける北海道コンサドーレ札幌を、引き続き万全のサポート体制でバックアップしてまいります。』

関連外部サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です