兵藤慎剛選手がベガルタ仙台へ完全移籍

コンサドーレは、29日、北海道コンサドーレ札幌の兵藤慎剛選手(MF)がベガルタ仙台に完全移籍することを発表した。

兵藤慎剛(ひょうどうしんご):172cm/68kg、生年月日:1985年7月29日、出身地:長崎県。サッカー歴:茂木サッカースポーツ少年団ー海星中ー国見高ー早稲田大ー横浜F・マリノス(08-16)ー北海道コンサドーレ札幌(17-18)

発表された兵藤慎剛選手のコメント:

『ベガルタ仙台に移籍することになりました。2年間という短い期間でしたが素晴らしいチームメイト、監督スタッフ、ファン、サポーター、地域の人々に恵まれてプレー出来たことはすごく幸せな時間でした。正直、今年一年チームにあまり貢献できてなく、この状態で移籍するのはどうなんだとすごく悩みました。悩み抜いた末にコンサドーレに移籍してきた時のことを思い出し、また、違う場所でトライして自分の可能性を広げてみたいという思いが強くなり決断しました。北海道コンサドーレ札幌の一員として戦えた2年間は僕の誇りです!北海道と仙台から共に日本のサッカーを盛り上げられるように頑張りましょう!ありがとうございました』


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です