川崎フロンターレから期限付き移籍していた三好康児選手が横浜F・マリノスへ期限付き移籍

コンサドーレは、28日、川崎フロンターレから期限付き移籍していた三好康児選手の期限付き移籍を満了することを発表した。

同時に、川崎フロンターレがパスを保有する三好康児選手は川崎へは戻らず、横浜F・マリノスへの期限付き移籍することが川崎ならびに横浜から発表された。

三好康児(みよしこうじ):167cm/64kg、生年月日:1997年3月26日、出身地:神奈川県。サッカー歴:中野島FCー川崎フロンターレU-12ー川崎フロンターレU-15ー川崎フロンターレU-18ー川崎フロンターレ(15-17)ー北海道コンサドーレ札幌(18)。

発表された三好康児選手のコメント:

『北海道コンサドーレ札幌の皆さんへ
まずは今年1年間、本当に熱く温かい応援ありがとうございました。
北海道が辛く苦しい時でもいつも以上に大きな声援をくださり、背中を押してくれたファン、サポーター、スタッフの方々のおかげで1年間戦い抜くことが出来ました。最後目標としていた結果を得ることはできませんでしたが、ミシャの下で皆さんと共に戦えたこの1年間は僕にとってかけがえのない大きな意味を持つものになった事は間違いありません。そして正直なところ北海道という地をここまで好きになるとは思っていませんでした。
札幌を離れるのは寂しいですが来季からも元気な姿を見せられるように頑張ります!
試合で対戦する時以外はコンサドーレの躍進を心より願っています。本当にありがとうございました!』

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です