宮の沢白い恋人サッカー場で浦和レッズとコラボした「TEAM AS ONE 北海道胆振東部地震サッカー交流」が行われる

宮の沢白い恋人サッカー場で、北海道コンサドーレ札幌が浦和レッズとコラボして「TEAM AS ONE 北海道胆振東部地震サッカー交流」が行われた。

このイベントは、北海道胆振東部地震において、札幌市内でも被害の大きかった清田区で活動する平岡南サッカースポーツ少年団、真栄サッカー少年団、三里塚中央JSC、3つのサッカー少年団を招待して行われた交流会。ホームチームの北海道コンサドーレ札幌の選手(25名)と、前日、試合のために札幌を訪れた浦和レッズの選手ら(16名)がコラボして行われた。175人の子どもたちが参加し、スタンドには1200人ものサポーターが見学に訪れた。

【TEAM AS ONE 北海道胆振東部地震サッカー交流】

  • 日時:2018年11月11日(日)10:00~11:30
  • 場所:宮の沢白い恋人サッカー場(札幌市西区宮の沢2条3丁目4番1号)
  • 内容:
    • 北海道コンサドーレ札幌と浦和レッズの選手らが合同で行う
    • 清田区のサッカー少年団との「TEAM AS ONE 北海道胆振東部地震サッカー交流」
    • 子供達へプレゼント贈呈&写真撮影
  • その他:観客席からの見学は自由。サッカー交流の参加者は事前に決定済み。

SNS上の関連コメント


関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

「宮の沢白い恋人サッカー場で浦和レッズとコラボした「TEAM AS ONE 北海道胆振東部地震サッカー交流」が行われる」への11件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です