コンサドーレの選手らが北海道胆振東部地震の被災地を慰問

10/7、コンサドーレの選手らが北海道胆振東部地震の被災地を慰問した。

選手らは、地震の被害が大きかった厚真町、安平町、むかわ町を、それぞれ別れて訪問。現地では、避難所を訪問したり、地域の少年団の子供達とサッカー交流したりした。


SNS上の関連コメント

「コンサドーレの選手らが北海道胆振東部地震の被災地を慰問」への6件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です