北海道コンサドーレ札幌U-18が高円宮杯U-18サッカーリーグ2018プリンスリーグ北海道を2位で終える

10/6に高円宮杯U-18サッカーリーグ2018プリンスリーグ北海道最終節(14節)の試合が行われた。

ここまで、1位の旭川実業高校に対し、勝ち点2差でリーグ2位につける北海道コンサドーレ札幌U-18は、逆転優勝を目指し、最終節で直接対決することになった。

優勝するには勝利しかない札幌U-18だったが、先制点は前半終盤に旭川実業に入る。果敢に攻める札幌U-18だったが、最後まで旭川実業の堅い守備を破れず。0-1で敗戦となった。

この結果、札幌U-18は、2018プリンスリーグ北海道を2位で終了。プレミア参入戦への出場はならず、プリンスリーグ残留が決まった。


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

サイト内関連記事

「北海道コンサドーレ札幌U-18が高円宮杯U-18サッカーリーグ2018プリンスリーグ北海道を2位で終える」への2件のフィードバック

  1. Aチームの北海道プリンスリーグ残留が決まりましたが、Bチームはプレーオフに参加します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です