Jリーグが2019シーズンJリーグクラブライセンス判定結果を発表

Jリーグが2019シーズンJリーグクラブライセンス判定結果を発表した。今回発表されたのは、2019年シーズンのJ1、J2のクラブライセンス(J3に関しては別途発表)。

J1クラブライセンスが41クラブ、J2クラブライセンスが7クラブに交付された。北海道コンサドーレ札幌にはJ1クラブライセンスが交付された。内容的にも、是正通達もついていない。

J1クラブライセンスは昨年の40クラブから一つ増えて41クラブ。J2クラブライセンスに関しては、数こそ昨年と同じ7クラブだが、1クラブ(水戸)がJ1ライセンスに変更となったので、あらたに1クラブ(秋田)がJ2ライセンスを取得した。

関連外部サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です