北海道リラ・コンサドーレが第40回皇后杯予選(道新旗第38回全道女子サッカー選手権大会)準々決勝で敗退

北海道リラ・コンサドーレが、女子サッカーのプロアマ混合のオープンカップ大会である皇后杯の予選(平成30年度 道新旗第38回全道女子サッカー選手権大会)に出場している。同大会では、道内の16チーム(3チーム棄権)がトーナメント形式で、皇后杯北海道代表の枠を争っている。

大会は当初、会場は浜厚真野原公園サッカー場の予定だったが、9月に発生した北海道胆振東部地震の影響により、会場が苫小牧市緑ヶ丘公園サッカー場と室蘭市入江運動公園競技場に変更されて開催された。

リラの初戦は、9月16日(日)に帯広北高等学校女子サッカー部と対戦だったが、相手チーム棄権により不戦勝となった。

9月17日(月祝)の準々決勝では、北海道大谷室蘭高等学校と対戦。今季の北海道女子サッカーリーグでは良い勝負をしていたのだが、ズルズルと失点を重ね0-6で敗退。

今大会の成績は準々決勝敗退となった。

関連外部サイト

コンサデコンサ内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です