北海道コンサドーレ札幌U-18が第42回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会でグループリーグ敗退

群馬県近郊で開催されている第42回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)に、北海道コンサドーレ札幌U-18は、北海道代表として出場した。

今年は猛暑が続いていることもあり、大会も試合時間の短縮や開始時間を早めるなどの対策を取る中で開催された。

リーグ戦で行われたグループステージでは、札幌U-18はアビスパ福岡U-18、浦和レッドダイヤモンズユース、モンテディオ山形ユースと同じグループDとなった。
初戦のモンテディオ山形ユースには1-0で勝利したものの、続くアビスパ福岡U-18は1-1で引き分け、三戦目には決勝トーナメント進出をかけて浦和レッドダイヤモンズユースと対戦したが、1-3でやぶれてしまった。

これにより、北海道コンサドーレ札幌U-18はグループD3位となり、各グループ2位まで進める決勝トーナメントには進めなかった。


SNS上の関連コメント

関連外部サイト

サイト内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です